賃貸オフィスを利用するとメリット・デメリットはある?


賃貸オフィスは初期の投資費用を抑えられる

賃貸オフィスを利用することはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。メリット・デメリットを確認し、納得した上で利用することで会社の業績アップや売上アップにつながるでしょう。

メリットとしてあげられているのは、会社を立ち上げたばかりの時に対する費用を抑えることができることです。企業をするに当たりかなり費用がかさむことは知られている通りですが、オフィス用の機器や事務用品をはじめとしたオフィスに関するさまざまなアイテムを全てそろえると、予算が倍必要となることも考えられます。しかし、賃貸オフィスを利用することで初期の費用を抑えることが可能です。また、業績や立地の都合から移転しやすいというメリットもあげられます。更に家賃・共益費を支払うだけでメンテナンスに関する費用を支払わなくていいのも特徴です。

デメリットは経済的な部分が大きい

メリットの高いといわれる賃貸オフィスですが、デメリットも少なくありません。第一に家賃を毎月支払わなければならないことです。家賃を支払うことはオフィスを購入するよりも割安と考えられていますが、中長期的に借りていると毎月の家賃の支払いが土地やオフィスの代金よりも高くなる可能性があるため、経費がかさみます。結果として他の土地でオフィスを買ったほうが経費を抑えられる可能性もあるため、長期間オフィスを賃貸で利用することは不利です。

また、世相や経済面での状況によっては賃貸利用金がアップする可能性があります。賃貸料が値上がりすると経費がかさむため、会社としてはマイナスです。更に自社の資産として金融機関から判断してもらえないため、融資のときに不利になる可能性があることも理解してください。

大手企業本社が多いオフィス街、高級ショッピング街、観光地で賑わう築地市場、アクセスの良さから住居街でもある中央区で賃貸オフィスを利用するなら全てのジャンルに対応できます。