家賃だけではない?押さえておきたい賃貸物件を選ぶポイント


設備の使い勝手を確認する

賃貸物件を選ぶ上で見落としがちになるのが設備の使いやすさです。物件の契約を交わす前の内見では家具などが一切ない状態なので広く感じられますが、引越し後に荷物を搬入すればその分スペースが狭まることで印象は大きく変わります。特にキッチンは内見の時は使いやすいと感じていたのに冷蔵庫などを置いたことで使いづらくなるというケースは珍しくありません。部屋を確認する時は頭の中で家具を配置したイメージを思い描くことが大切です。

隣近所の騒音が気にならないか

集合住宅で生活をする場合に気を付けなくてはいけないのが騒音問題です。隣との壁が薄い物件は、生活音などが筒抜けになることでトラブルに発展するというケースも少なくありません。日中は隣人や上の階の住人が不在で静かに感じられても、夜間の帰宅後に騒音が発生することも考えられます。内見に訪れた時は、隣との壁の厚みだけでなく、どういった人が住んでいるかについても確認しておくことが大切です。どうしても他人の生活音が気になるのであれば、最上階や角部屋を選ぶのも一つの手段と言えます。

自宅周辺の環境の良し悪し

物件を選ぶ時は、建物だけでなく周辺環境もしっかりとチェックしなくてはいけません。どんなに家賃が安くて広い間取りの物件でも駅やバス停が近くになければ通勤や通学で不便を感じてしまいます。飲食店やスーパーなどのお店も同様です。徒歩で行ける圏内に気軽に利用できるお店が揃っているか否かで生活の快適さは大きく変わります。そのほか、帰宅が遅くなった時に安心して夜道を歩けるかどうかという点も重要なチェックポイントです。

江別の賃貸物件は家賃や需要が札幌の賃貸事情に影響される傾向があります。江別は札幌に隣接しているため、賃貸物件を取り巻く環境が札幌に準じているのです。