寒冷地ならでは?北海道での賃貸探しのポイント


賃貸物件に、北海道とほかの地域の違いはある?

ほかの地域から北海道に引っ越すことになった際、賃貸物件探しではどのような点に注意すればよいのでしょうか。北海道はよく知られているように寒冷地であり、冬期は気温が低く積雪があるために暖房設備が欠かせません。引っ越す際に意識したいのは、暖房設備が充実した物件を探すこと、光熱費がどれくらいかかるか把握しておくことです。道内でも地域によって気候の特性は大きく異なりますが、冬期は気温が低く積雪があるので、ほかの温暖な地域よりもしっかりした暖房設備が必要となります。冬期の暖房にかける光熱費の負担が大きくなることは、事前に理解しておきたいです。半面、夏は冷涼な地域が多いため、エアコン不要でも過ごせる地域では過ごしやすく、冷房代がかからないというメリットもあります。

建物の気密性、暖房・給湯設備をチェックしよう

北海道で賃貸を探す際は、冬の過ごし方に重点を置き、温かく過ごせる環境が整っているか設備をチェックしましょう。北海道の物件は、壁や窓の断熱性や気密性が高く、外の冷気が入りにくく室内の空気を保温しやすい環境に造られていることも多いです。実際に選ぶ際にも、構造について詳細を把握し、内覧では自身の目で設備を確認するなど、暖房が効率よく効く環境であることを確認しておきましょう。また、熱源(都市ガス、LPガス、電気など)によって暖房の効率の良さやパワーは異なるので、一概にどれが一番とはいえませんが、自分が希望する暖房・給湯設備が設置されているか確認しておくことも大切です。

網走の賃貸物件は、防寒対策がなされているタイプを選びましょう。マンションタイプはエアコン付きの場合が多いです。