探す時に有利!間取りの見方を知っておこう


間取りの基礎知識について

不動産会社の賃貸物件の広告で一番目に入りやすい間取り図。見方がよくわからないという人もいるかも知れません。見方を覚えておくと、希望の部屋が探しやすくなるので知っておくようにしましょう。間取り図は、部屋の真上から見た状態の図面のことを言います。一定の縮尺で描かれている部屋全体の図面で、壁や窓、収納スペースや室内などが記号で表示されています。例えば、「K」はキッチンで「DK」はダイニングキッチン、「UB」はユニットバスになり、「CL」がクローゼットの位置になります。その他に洋(洋室)や和(和室)、玄(玄関)などの略語も間取り図に使われており、部屋の構造や設備のタイプも見ることができます。間取りや記号が把握できるようになれば、どこに何があるかを容易に読み取れるようになり、どんな感じの物件なのかをイメージしやすくなります。

間取りの見方で気をつけておくべきこと

間取り図を見る際に気をつけないといけないところは、部屋の広さです。自分の希望する条件にピッタリな間取りが見つかっても、広いと感じた部屋が実際には狭かったなんてこともあります。必ず間取りのみではなく、賃貸情報の広告に記載されている専有面積で部屋の広さをチェックしておくことが大切です。専有面積は、部屋の広さが「平方メートル」で表示されていて、1畳分を約1.6平方メートルと考えてイメージすると良いです。間取りや広さが気に入っても、必ず良い部屋かどうかは自分の目で確かめて判断することが大事です。良い物件が見つかったら、積極的にいくつかの賃貸物件の内見に行ってみましょう。

札幌中央区の賃貸は、子供連れにも安心。大通公園や中島公園など、大きな公園がたくさんあり、都会ですがとても住みやすい環境です。